ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > あつぎの鮎

本文

あつぎの鮎

アユの写真
アユの写真
アユの写真
鮎の甘露煮の写真
アユの塩焼きの写真

幕府に献上していた厚木の魚アユで初夏を味わおう

市内を流れる相模川では、古くからアユ漁が盛んにおこなわれていました。江戸時代、アユは幕府への献上品として使われていたほどです。アユ漁の時期には、人夫が厚木から大山街道(現在の国道246号)を通ってその日に捕れたアユを江戸へ運び、庶民に大いに喜ばれました。大正から昭和にかけては、厚木でも料亭文化が花開き、相模川のアユを求めるお客で大いに繁盛していたようです。現在も、6月から10月までの鮎釣りのシーズンには、多くの釣り人でにぎわいます。市内の料理店や旅館などでは、初夏から初秋にかけて、さまざまな鮎料理が提供されます(鮎料理の提供期間は、飲食店・旅館ごとに異なり、また、予約が必要な場合がありますので、お出掛けの際は、直接、利用先にご確認ください)。

アユを食べる

十日えびす(本厚木駅周辺)

十日えびすは手打ちそばの名店ですが、一品料理や懐石料理も楽しめるお店です。生き鮎を手際よくさばいて、定番のアユの塩焼きなどの料理に仕上げてくれます。

アユの塩焼き


厚木たちばな(本厚木駅周辺)

おしゃれで落ち着いた店内で、アユやとん漬など、地元の食材を生かした本格的な会席料理が味わうことができます。

厚木たちばなのアユの塩焼きなどの料理写真


串焼き 曽根屋(本厚木駅周辺)

本厚木駅南口から30秒、串焼きや美味しいお酒が気軽に楽しめる居酒屋です。

曽根屋の鮎の塩焼きの写真


厚木シロホルモン おひさま(本厚木駅周辺)

陽気なお母さんが、ホルモン、とん漬、アユの塩焼きなど、厚木ならではの料理を出してくれます。

おひさまの鮎の塩焼きの写真


地焼きうなぎ ひらさわ(小野)​ (旧大山の杜 あつ木みやこ家)

令和3年(2021年)9月23日「大山の杜 あつ木みやこ家」は、うなぎのお店でリニューアルオープンしました。この写真の一品は「鮎 沢揚げ」で、アユを揚げて泳いでいるかのように盛り付けられています。

あつ木みやこ家のアユ料理の写真


和風料理おかめ(七沢)

アユの塩焼きのほか、うな重、イノシシ鍋など、季節感を大切にした和食の豊富なメニューが楽しめます。

おかめの鮎の塩焼きなどの料理写真


アユ料理は、飯山温泉郷・東丹沢七沢温泉郷の宿でも食べることができます

元湯玉川館鮎料理福元館鮎料理玉翠楼鮎料理

アユを買う

直売所(厚木あゆ種苗センター)

アユの活魚(6月から10月上旬販売)をはじめ、冷凍アユ、アユの開き、アユの甘露煮などを販売しています。
★アユの開きとアユの甘露煮は、アミューあつぎ地下1階の「厚木市まるごとショップあつまる」でも購入できます。

厚木あゆ種苗センター直売所の写真

※このアユの塩焼きは、イベント等で提供する場合の焼き方です。厚木あゆ種苗センター直売所では、アユの塩焼きの販売はしていません。

アユを釣る

相模川は全国有数の鮎釣りのポイント。6月から10月中旬の漁期には、多くの釣り客で賑わいます。

アユ釣りの写真

アユの放流

令和3年(2021年)8月28日、相模川第二漁業協同組合では、相模川でアユの放流を行いました。

アユの放流の写真アユの放流の写真

あつぎ鮎めぐり紀行

あつぎ鮎めぐり紀行市内のアユ料理が食べられる旅館や店舗を紹介しているリーフレットです。
6~10月ごろまでアユ料理を楽しめます。

 

あつぎ鮎めぐり紀行(表面) [PDFファイル/4.86MB]
あつぎ鮎めぐり紀行(裏面) [PDFファイル/5.5MB]

 

 

(発行 厚木市観光協会)