ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 丹沢・大山・宮ヶ瀬やまなみ紀行 > 御朱印・曾屋神社(秦野)

本文

御朱印・曾屋神社(秦野)

Tel 0463-81-0805

御朱印の写真

横浜、函館に次ぐ「近代水道」発祥の宮

曾屋神社(そやじんじゃ)は江戸時代には井明神社とよばれていましたが、明治6年(1873年)に村の6社と合わせて郷社曾屋神社となりました。近代水道「曽屋水道」が完成する前までは、神社の湧水を生活用水として利用していました。現在でも境内には井之明神水という清水が湧いており、遠方から水をくみに来る人でにぎわいます。平成29年(2017年)10月には神社境内の遺構も含めて「曽屋水道」が国登録記念物(遺構関係)に登録されました。2月の節分祭や7月の例大祭は地元恒例の行事で、多くの人が訪れます。境内には護国神社も建立されており、御朱印は曾屋神社と秦野護国神社御朱印の2種類。各500円。通常の御朱印帳とは別に、珍しい木製の御朱印帳の頒布もしています。

曾屋神社社殿

境内の写真

秦野護國神社御朱印

御朱印の写真

詳細データ
施設名 曾屋神社(そやじんじゃ)
ジャンル 御朱印
住所 〒257-0031 秦野市曽屋1-6-10
問い合わせ先 0463-81-0805

御朱印受付時間

9時~ 16時(原則)

定休日

無休
交通手段

【公共交通機関】
秦野駅2番バス乗り場から「菩提経由渋沢駅」行き[秦50][秦51][秦54]、「榎木堂経由高砂車庫」行き[秦52]で約5分、「宮前」 下車、 徒歩約1分(100m)

【車】
東名秦野中井ICから約10分(4km)

料金[税込] 各種 500円
支払方法 現金のみ
駐車場 あり(無料)
公式ホームページURL https://www.soyajinja.com/
Twitter @m_kandukasa_m
Facebook @soyajinja