ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > ミツマタ -不動尻-

本文

ミツマタ -不動尻-

不動尻のミツマタの写真
不動尻のミツマタの写真
不動尻のミツマタの写真
不動尻のミツマタの写真

春の訪れをつげる 七沢・不動尻のミツマタ群生地

東丹沢七沢温泉郷・広沢寺(こうたくじ)温泉から歩くこと約1時間、谷太郎川最深部の不動尻(ふどうじり)に、ミツマタの群生地があります。3月中旬の最盛期には、斜面全体がミツマタの黄色い花でおおわれて壮観です。半円球の黄色い花が風に揺れる姿は、本当に見事です。ぜひ、一度訪ねてみてください。広沢寺温泉からミツマタ群生地への道は林道ですが、少し急なところもあります。スニーカーでも歩けますが、歩きやすいしっかりした靴を履いてお出掛けください。飲み物や軽食を持参し、ミツマタを眺めながら早春のランチタイムを楽しんでみてはいかがですか。

かわいい半球型の黄色い花。見ごろは3月

ミツマタは、ジンチョウゲ科ミツマタ属に属する落葉性の低木です。中国が原産地とされています。不動尻の群生地では、3月上旬から4月上旬ごろにかけて、三つ叉(みつまた)に分かれた枝の先に黄色い花を咲かせます。新緑が芽吹く前、小さな花が集まって半球形をつくって開花する姿はとても美しく可憐です。

ミツマタの花の写真

枝先が三つに分かれる「三椏・三枝・三又(ミツマタ)」

枝先が必ず三つに分かれるため「ミツマタ」と名付けられました。三椏、三枝、三又とも書きます。強く繊維質の樹皮は高級和紙や紙幣の良質の原料となるため、徳島県などが主な栽培地です。繁殖力が強く、不動尻のミツマタ群生地も、10年から20年といった比較的短期間に繁殖が進んだようです。

ミツマタの写真

斜面一帯を覆うほどの大群落

不動尻では、県立不動尻キャンプ場の管理棟跡地に何本かあったものが次第に繁殖し、斜面一帯を覆うほどの大群落に成長しました。確認できませんが、人が手を加えて人工的に繁殖させたものではないようです。樹高が2メートルを超えるミツマタもあり、黄色い花が色鮮やかでとても見事です。

不動尻のミツマタの写真

市内最大のミツマタ群生地

厚木市内では、最も大規模なミツマタの群生地です。群生地内は、観賞用の遊歩道が整備されていません。ミツマタを傷めないように、少し離れた場所から注意深く鑑賞してください。群生地は、厚木市の大切な自然のひとつです。貴重な群生地をみんなで守りましょう。

不動尻のミツマタの写真

不動尻のミツマタの写真

ミツマタ群生地へのアクセス

東丹沢七沢温泉郷・広沢寺温泉から林道を歩くと、約30分で車止めのゲートがあります。ここまでは、タクシーで入ることもできます。さらに約10分で山の神隧道。トンネルを抜けると、谷太郎川沿いの渓谷に出ます。谷太郎川は小鮎川を経て相模川へと流れています。トンネル北側出口から林道を20分ほど歩くと、県立不動尻キャンプ場の跡地です。かつて管理棟が立っていたところが広場になっていて、目の前にミツマタの群生地が広がっています。

※広沢寺温泉に七沢観光協会の駐車場・トイレあり。駐車場は、土曜日・日曜日・祝日は混雑することがあります。

※山の神隧道の南側(七沢側)入口とミツマタの群生地(唐沢峠登山口)に簡易トイレあり。

 

★七沢森林公園のさくらの園でも、ミツマタを見ることができます。

七沢森林公園のミツマタ

名称

ミツマタ(七沢・不動尻)

ジャンル

自然(花)

住所

厚木市七沢

問い合わせ先

046-248-1102(東丹沢七沢観光案内所)

交通手段

【公共交通機関】

厚木バスセンター9番バス乗り場から七沢行き[厚33][厚34]で約29分、広沢寺温泉入口下車、徒歩1時間30分(4.7km)

厚木バスセンター9番バス乗り場から広沢寺温泉行き[厚38](※本数少ない)で約40分、広沢寺温泉で下車、徒歩1時間10分(3.7km)

伊勢原駅北口3番バス乗り場から七沢行き[伊31][伊34][伊36]で約25分、広沢寺温泉入口で下車、徒歩1時間30分(4.7km)

【車】

東名厚木ICから広沢寺温泉駐車場まで約21分(8.7km)、駐車場から徒歩約1時間10分(3.6km)

新東名伊勢原大山ICから広沢寺温泉駐車場まで約13分(6.1km)、駐車場から徒歩約1時間10分(3.6km)

駐車場

広沢寺温泉・七沢観光協会駐車場(無料)

8時~日没(夏季は18時まで)


【広沢寺温泉・七沢観光協会駐車場】