ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 飯山観音長谷寺

本文

飯山観音長谷寺

飯山観音長谷寺
桜の広場
アジサイ
手水
観音堂

坂東三十三観音霊場の第六番札所

飯山観音長谷寺は、高野山真言宗の寺院です。坂東三十三観音霊場の第六番礼所として知られ、「飯山観音」の名称で親しまれています。奈良時代の神亀2年(725年)に行基菩薩によって創建され、大同2年(807年)に弘法大師が教場したことから領主・飯山権太夫が信仰し伽藍を建立したと伝えられています。源頼朝公が秋田城介義景に命じて造営された観音堂には十一面観世音菩薩が安置され、行基自ら手彫りで施した胎内仏が納められています。飯山観音長谷寺と言えば、四季を彩るサクラとアジサイは観光地として有名です。「かながわの景勝50選」「かながわの花の名所100選」であり、自然豊かな四季折々の姿が観光客に人気のスポットです。春は、長谷寺付近にある飯山白山森林公園全域にソメイヨシノやヤマザクラなど約3千本のサクラが咲き乱れ、「あつぎ飯山桜まつり」では多くの花見客で賑わいます。梅雨のころ、仁王門の周りや参道にアジサイが一斉に色付き始め、本堂までの道のりにサクラとは違った長谷寺の姿が参拝者を迎えてくれます。サクラやアジサイのほかにもスイセン、モミジなどが、四季折々に境内を彩ります。

飯山観音

仁王門

仁王門

仁王門・仁王像 宝永6年(1709年)、飯山村の安西金左衛門が願主となり造立された金剛力士像(二王像)を安置しています。令和2年(2020年)に大規模改修が行われました。接ぎ木を行うことで敷居や柱には当時の材木が残されています。

イヌマキ

「かながわの名木100選」や厚木市天然記念物に指定されているイヌマキの木は、室町時代末期ごろ、多くの巡礼者の無事や参拝者の長寿を祈願して植樹されたと伝えられている古木です。高さ17メートル、目通り2.74メートル、樹齢約400年。

鐘楼堂

常香炉は、仏様にお香を供え、その煙を浴びることで心身を清めることができる場です。体の悪いところにその煙をかけると悪い部分が治ると言われています。線香の束に火をつけ手で払い、なるべく煙が上がったらそのまま常香炉に刺して身を清めます。

観音堂

観音堂(本堂)は、18世紀中期の建立と推定されます。昭和37年4月に厚木市有形文化財に指定されました。御本尊は、木造十一面観世音菩薩立像です。御本尊の開扉は、正月三が日、4月8日、11月3日です。正方形平面で、屋根は宝形造(ほうきょうづくり)の銅板葺ですが、当初は茅葺でした。向拝は当初からのものとみられますが、軒唐破風(のきからはふ)はのちに付加されたものと推定されています。四周には木口縁を巡らし、擬宝珠高欄(ぎぼしこうらん)をまわしています。観音堂の正面中央間とその両脇間は両折桟唐戸(もろおれさんからど)、両隅間は連子窓(れんじまど)という古風な構えを見せ、側面も前一間を両折桟唐戸としています。いわゆる「密教本堂形式」と呼ばれる仏堂の形式で、堂内は内陣と外陣が格子戸によって結界されています。内陣は仏様の空間で一般の人は立ち入ることができません。各地の観音霊場寺院などに多く見られる形式です。外陣は、桟唐戸や連子窓を用いて地方仏堂らしい一面も見せています。内陣には寛文12年(1672)に飯山村の大工・西海半右衛門によって建立された一間厨子(いっけんずし)が安置され、その中に本尊の木造十一面観世音菩薩立像が納められています。​

鐘楼堂

銅鐘は室町時代の嘉吉2年(1442)の年紀を有し、刻銘には銅鐘製作の経緯が細かく記されています。それによりますと、毛利庄飯山の新長谷寺が嘉吉2年の春、火災により焼失したため、新堂宇の再建に先立ち、人々の銅鐘鋳造への強い願いから、麓の金剛寺の僧が多くの信者から寄付を募り、同年の4月5日に完成したといいます。焼失から短期間のうちに再建がはかられたことは、観音堂、新長谷寺、金剛寺の力が大きなものであったことを示しています。鐘を製作したのは、飯山の鋳工大和権守清原國光、銘は建長寺の心林によるものです。中世飯山の寺院に係る信仰活動や飯山の鋳物師の様相を知ることができる貴重な銅鐘であるといえます。総高141センチ、口径81センチ、梵鐘は県指定重要文化財(平成2年2月13日指定)

御朱印

御朱印は、「大悲殿」「大黒天」「観世音」の3種類があります。お志は500円。三つを一緒にいただくと1000円です。飯山観音オリジナルの御朱印帳のほか、坂東三十三観音霊場巡りの御朱印帳も販売されています。

御朱印

お守り

おみくじ

飯山観音は、家内安全や厄除けなどのほか、縁結びの御利益があるお寺です。お守りやおみくじを授かることができます。

青モミジと本堂

所在地

厚木市飯山5605

アクセス

【公共交通機関】

本厚木駅北口5番バス乗り場から「上飯山」「宮ヶ瀬」行きなど[厚18][厚19][厚20][厚21][厚22]で約21分、「飯山観音前」下車、徒歩約10分(700m)

【車】

圏央道厚木ICから約20分(8.4km)

東名厚木ICから約23分(9.4km)

★飯山観音・長谷寺駐車場あり(有料/500円)