飯山観音長谷寺

春のサクラ、初夏のアジサイが美しい高野山真言宗の寺院です。神奈川の景勝50選。
寺の縁起では、神亀2年(725年)に行基が創建し、大同2年に弘法密教の道場になったと伝えられています。
観音堂は、桁行5間、梁行5間の正方形平面を持つ、銅板葺 (以前は茅葺) の宝形堂です。正面中央間とその両脇間は両折桟唐戸、両隈間は連子窓という古風な構えを見せています。建築年代は18世紀中期と推定されます。昭和37年4月、市有形文化財に指定。
本尊は、木造十一面観世音菩薩立像です。県指定重要文化財の撞鐘は嘉吉2年(1442年)、鋳物師清原國光の作。樹齢400年を誇るイヌマキ(かながわの銘木100選)は、参拝者の安全を祈願して植樹されたと言われています。


基本情報

所在地 神奈川県厚木市飯山5605
電話番号 046-225-2509
厚木市文化財課
交通アクセス 【車】
東名「厚木IC」から約30分
圏央道「海老名IC」から約40分

【公共交通(バス・徒歩)】
本厚木駅北口(5)から上飯山行き又は宮ヶ瀬行きバス、「飯山観音前」下車徒歩10分
駐車場 あり

地図


  • 厚木市まるごとショップ あつまる
  • 厚木市マスコットキャラクター あゆコロちゃん グッズ情報!
  • バナー広告募集中